ヒゲともみあげの処理の仕方は?

ヒゲともみあげはどう処理する?

ヒゲが濃い人だと、ヒゲともみあげが繋がって生えていることが良くありますよね。


一時期長いもみあげが流行ったときは、ヒゲの部分と繋げて長く見せていました。


ヒゲともみあげのどちらも脱毛は可能ですが、部分脱毛するときの処理の仕方はどのようになっているのでしょうか。

ヒゲともみあげの違いは?

ヒゲともみあげが違うと言うことは分かっていても、その境界線はどこなの?と聞かれてここだとはっきり答えられる人は少ないでしょう。


理容業界で定義されているヒゲともみあげの境界線は、「耳たぶから鼻に向かって引いた線」と言われています。


なので個人によってはヒゲともみあげの境界線の位置が、長かったり短かったりします。


また、ヒゲとの境界線を基準にしてもみあげを整えれば、スッキリとした好印象を与える事ができるでしょう。

脱毛サロンによって異なる

ヒゲともみあげの境界線は理容業界では定義がはっきりと定められていますが、脱毛サロンではもみあげもヒゲ脱毛の一部になっていることが多く、もみあげがどこまでなのかの認識は脱毛サロンで少し違っています。


なので、もみあげだけ脱毛したかったのに思った所まで処理してもらえなかった、と言うこともあったりします。


脱毛してから後悔しないように、カウンセリングの時にどこからどこまでが脱毛範囲なのかしっかりと確認するようにしましょう。

ヒゲと一緒にもみあげも脱毛

ヒゲが濃い人は、もみあげも濃い人が多いですが、その場合はもみあげだけ脱毛するより、ヒゲも一緒に脱毛した方が安心です。


そうすれば「もみあげをもっと脱毛して欲しかったのに…」と言うことにはなりませんね。


ただし、一度脱毛したらもみあげの形を戻すことはとても難しくなるので、もみあげを短くしすぎないようにするのが大事です。


もみあげの長さも時代の流行りで変わってきます、テクノカットくらいに短くしてしまうと後悔することにもなりかねません。


どのくらいの長さを残すのかは、自分の顔のバランスも考え慎重に決めるようにしましょう。

もみあげの脱毛はヒゲより難しい

もみあげは髪の毛やヒゲなど、毛質の異なる毛が混ざって生えています。


毛質が異なる毛が混ざって生えている場合は、脱毛の効果も出にくいので部位的には脱毛の難易度が高くなります。


自然な形になるように脱毛しないといけませんので、入念なカウンセリングが必要になってきます。


難易度の高い部位の脱毛を施術してもらうのですから、しっかりとした技術を持っているところで施術してもらうようにしましょう。


安い価格だけに釣られないように注意して、技術的に信頼できるメンズサロンかどうかをしっかり検討して選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ戻る