ヒゲ脱毛思ったように減ってない

1回目終了したけど思ったように減ってない

ヒゲ脱毛思ったように減ってない

初めてヒゲ脱毛をする時は、その日からヒゲが抜けると期待していることでしょう。


ところがヒゲ脱毛を1回受けた後、思っていたようにヒゲが抜けていなくてガッカリしてしまうことがあります。


ひょっとして、これは効果がなかったのでしょうか?

1回でヒゲ脱毛は終わらない

1回施術を受けただけでヒゲ脱毛が、完全に終わると言うことはありません。


全身に生えている毛にはヒゲだけではなく、生え換わりのサイクルと言うものがあります。


今生えている毛を例え全て処理しても、皮膚の下で休眠中の毛が生えてくるのです。


表面に生えている毛はおよそ全体の20%程度で、残りの80%を処理するためには何度も脱毛サロンに通わなくてはいけません。


効果を感じるためには3回以上、しっかりとヒゲ脱毛するには10〜15回近く施術を受ける必要があります。

施術してからヒゲが抜けるまで

ニードル脱毛の場合では、施術したその場で毛が無くなります。


しかし医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合は違ってきます。


医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーや光を毛根組織やヒゲに照射して脱毛する方法です。


光が当たった成長期のヒゲは、約10日〜2週間後にかけてスルッと根元から抜け落ちます。


ただし約10日〜2週間というのは一般的な期間で、毛質によってはもっと時間が必要な場合があります。


光のパワーが足りなかったり根元までレーザーが届かなかった場合は、1回の照射では抜け落ちないこともあります。


このような理由もあるり、脱毛1回目ではなかなか思ったように効果を感じられないので早とちりして止めてしまわないようにしましょう。

時間が掛かるので慌てない

フラッシュ脱毛の場合、脱毛施術を受けてから少なくとも約2週間は様子を見るようにしましょう。


その辺りで毛が抜け落ちるようになれば、確実に脱毛効果が表れ始めたということになります。


それから何度も施術を受ければ、ヒゲを確実に薄くしていくことができます。


ヒゲが太くて施術しても抜けが悪い人も、せめて2回〜3回は様子をみるようにしましょう。


ヒゲ脱毛は時間が掛かるので慌てないことが肝心です。


ただし、レーザーや光を照射しても全くヒゲが抜けない、何回施術しても毛が薄くならないという場合なら、脱毛サロンの変更を検討するのもいいでしょう。


毛質や色によってはフラッシュ脱毛が向いていないこともあり、金髪や白髪のヒゲなどはニードル脱毛など他の方法への変更を検討しましょう。


しかし、ニードル脱毛も脱毛効果が高いというメリットがありますが、痛みが強いと言うデメリットもあるので、それぞれの脱毛方法の特徴をしっかり把握して変更する場合は慎重に行いましょう。

関連ページ

少しでも安くヒゲ脱毛するポイント
ヒゲ脱毛を出来るだけ安くしたいと考えている人も多いでしょう。ここでは出来るだけ安くヒゲ脱毛をするにはどこに注目して脱毛先を選ばばいいのかそのポイントを挙げてみます。
ヒゲ剃りとヒゲ脱毛との比較
毎日ヒゲ剃りをしていくのと、ヒゲ脱毛をするのとではどちらが面倒なのでしょうか?ここではヒゲ脱毛をしたほうがいいのか、毎日ヒゲ剃りをしたほうがいいのか考えて見ます。
ヒゲ脱毛は痛みを和らげてくれるサロンを選ぶ!
ヒゲ脱毛はどの方法でやるにしても痛みは付いて回ります。ヒゲ脱毛サロンを選ぶ時には、痛みをいかにして少なくしてくれるかで選ぶ事を考えましょう。
ヒゲ脱毛をした方がいい理由
ヒゲ脱毛ををするのは男なら気持ち悪いと思う方も居る事でしょう。ヒゲ剃りだけでいいと思っている人も多いかもしれません。ではヒゲ脱毛を絶対したほうがいい理由とは何でしょうか?
若いうちからヒゲ脱毛を!
まだ若いしヒゲ脱毛はオジサンになってからでいいと思っているあなた!若いうちからヒゲ脱毛をすることで、多くのメリットを受けられますよ。
効果はある?ヒゲ用除毛クリーム
ヒゲ脱毛が自宅で気軽に出来ると謳っているヒゲ用除毛クリームの効果は、ヒゲ脱毛サロンと比べてどうなのでしょうか?ここではヒゲ用除毛クリームの効果とその使い方や注意点などを考えて見ます。
男性スタッフのメリット
脱毛サロンのスタッフは女性が多いイメージがあります。しかし今では男性スタッフだけを揃えたメンズサロンも増えてきました。男性スタッフが居るメリットはどこにあるのでしょうか?
頬ヒゲを脱毛するメリット
ヒゲ脱毛と一言で言っても、脱毛する箇所は様々です。中でも頬のヒゲは脱毛した方がいい部位に挙げられます。なぜ頬ヒゲは脱毛した方がいいのでしょうか?ここでは頬ヒゲの脱毛するメリットについて挙げてみます。
ヒゲともみあげはどう処理する?
ヒゲともみあげの処理の仕方はどうすればいいのでしょうか?またヒゲともみあげの境界線はどこにあるのでしょうか?個人的な差もありますがヒゲともみあげの処理を上手にすれば、より好印象を与える事ができます。