ヒゲ脱毛をした方がいい理由

ヒゲ脱毛をした方がいい理由

男はヒゲが生えていて当たり前!ヒゲ脱毛なんて男として気持ち悪い!


残念ながらいまだにそう思っている人も多く居るようです。


でも本当にヒゲ脱毛をするのは気持ち悪いことなんでしょうか?


ヒゲ脱毛を絶対にした方がいい理由を考えてみましょう。

女性は濃いヒゲをどう思っている?

ヒゲ脱毛するのが気持ち悪いと思われていても、男性の濃いヒゲが気持ち悪いと思っている女性も多いようです。


特に不評なのが、青ヒゲや伸び放題になっている無精ヒゲです。


無精ヒゲはまだしも、一生懸命になって剃って残る青ヒゲが気持ち悪いと言われたらへこみますよね。


しかし青ヒゲは奇麗に剃ったとしても、残ってしまうので仕方ありません。


日焼けをして青ヒゲを目立たなくする人もいますが、1年中不自然に焼けた黒い肌も某歌手の松崎シゲル以外はあまり評判はよくありませんよね。(*個人の見解です)


ヒゲが濃いことが青ヒゲの原因で、ヒゲを剃っても肌の中に根元のヒゲが残ったままなので青く見えるのです。


青ヒゲを解消させるにはやはりヒゲ脱毛しかありません。

脱毛するなといいつつヒゲ剃りは必須

男性の大半は「ヒゲ脱毛するのは気持ち悪い」と思っているようですが、そう思っていながらほとんどの人は欠かさずヒゲ剃りをやっているのではないでしょうか。


職業にもよりますが、ヒゲが許されない職場はとても多く、会社員、銀行・飲食店などの接客業は、無精ヒゲではなくデザインヒゲさえも許されないという職場はいくつもあります。


そのため毎日欠かさず電気シェーバーやカミソリでヒゲを剃っているのです。


毎日剃らなければならない邪魔ものなら、いっそのこと脱毛してしまった方が合理的です。


特に、最近ホストクラブに勤めている方がヒゲ脱毛をするのが増えてきたようです。

コンプレックスが解消されて気持ちが楽に

とにかく人から言われたりすることよりも、自分自身がヒゲを嫌がっていることもあります。


ヒゲを生やしてみても似合わないし、トリミングしてデザインヒゲにするのが面倒という場合もあります。


またはヒゲを生やすよりも、ヒゲがないスッキリさせた状態が好きだという人もいます。


ヒゲが濃すぎるせいで、自信が持てないという悩みを解決させるには、やはりヒゲ脱毛しかありません。


通常のヒゲ剃りではどうしても、毛根が残ってしまい青ヒゲになります。


ヒゲ剃りで肌が傷つきいつもガサガサに荒れたり、カミソリで切って出血したりとあまりいいことはありません。


ヒゲ脱毛すればコンプレックスも解消されますし、これまでの面倒な手間も無くなります。


ヒゲに対して強いコンプレックスを持っているなら、ぜひヒゲ脱毛を考えましょう。

ページの先頭へ戻る