美肌と肌ストレス

肌

体に与えるストレスが、腸内に影響を及ぼし、免疫環境を悪くします。

 

結果腸内で毒素も発生し、肌荒れを起こします。

 

睡眠不足も同様です。

 

免疫力が下がると直ぐ肌に表れます。

 

また直接肌そのものにストレスを与えることによって、肌の老化が促進されます。

 

肌ストレスの原審は何科わかりますか?

 

幼少の頃から肌ケアが必要だった人はほとんどいません。

 

肌の乾燥は、あなたがメイクをするようになってからのはずなのです。

 

一日中ファンデーションで肌にストレスを与えているのです。

 

完全ミネラル系に変えるとだいぶストレスがへります。

 

また、メイクを落とすためのクレンジングや洗顔料は非常に脱脂力が強く、肌を刺激しています。

 

脱脂力の強いクレンジングオイルを使い続けると、肌の保護バリアがなくなって、新陳代謝は乱れ、敏感、乾燥肌が進みます。

 

そこでお肌は自衛し、皮脂分泌を過剰にするため、毛穴が開いてしまいます。

 

洗顔方法を変えないままだと、いくら毛穴対策をしても毛穴は開いたまま。

 

保護バリアがなくなったお肌は保湿しても、潤いを保持できず、ツッパリ感や乾燥を感じます。

 

この状態が進めば、さらに保湿力を強化した化粧品を購入しなくてはならなくなります。

 

そうなると、ごく微少な成分にもお肌は敏感に感じてしまい、もはや肌ケアが刺激になってしまう敏感肌に。

 

こんな状態になると、お肌の保護バリアを壊す洗顔料のみならず、スクラブやピーリングなどの角質を剥がすケアを中止しければなりません。

 

その上で、刺激が少ない化粧水とお肌を傷めない洗顔とに変えてみることがポイント。

 

毛穴の黒ずみを、ピーリングや脱脂力の強い洗顔などで肌の手入れを継続すれば、大人のニキビを誘発し、また紫外線が入り込みやすくなって、黒シミやそばかす引き起こします。

 

また、肌が酸化し、どんどん老化し、しわやたるみの原因を作ります。

 

このお肌の老化を防ぐには、洗顔料や方法を見直した上で、食事でビタミンCを摂取しましょう。

 

ビタミンCは皮脂腺の働きを抑制する作用があるので、ニキビを作りにくくし、メラニンの発生を抑え、お肌の酸化を抑制し、シミを防止することができるのです。

ページの先頭へ戻る